メニュー

M&A用語集

WORDS

会社分割とは

会社分割とは、自社が有する一部もしくは全ての事業を切り離し、別の企業に承継させる経営上の手法を指します。

事業を分割することで効率的な経営が可能となります。

経営統合やグループ企業の再編といった組織再編を目的として活用されるケースが多く見られます。

会社分割の解説

事業に関して有している権利義務の一部もしくは全てを別の企業に承継させるM&Aの手法です。

既存の企業に引き継がせる吸収分割と、新たに設立する企業に承継させる新設分割に分けられます。

また、対価として交付される財産の受け取り手が分割会社なのか、分割会社の株主なのかによってさらに二つに分類できます。

主に組織再編の際に活用される方法です。

例えば、グループ内において効率的に経営資源を再配分したり、不採算事業を切り離したりすることも可能です。

会社分割の利点

・一部の事業だけを売買できる

一部の事業のみを譲渡できるため、選択と集中を効率的に実施できます。

収益性の低い事業を他社に売却することで資金を獲得すると同時に、主要資源を集中的に投入することが可能です。

また、対価を株式で支払えるため、十分な現金が手元になくても実行できるのもメリットと言えます。

・税金の負担が軽い

資産や債務、契約などを包括的に引き継げます。

この簡便性も一つのメリットですが、取り引き自体が消費税の課税対象と見なされないこともポイントです。

また、一定の条件を満たせば、所得税が課税される譲渡損益や配当金をないものとできる可能性もあります。

事業譲渡との違い

・課税の対象

事業譲渡を実施した場合は、売り手企業に対して法人税と消費税の支払いが課せられます。

会社分割なら、消費税法上の課税取り引きとは見なされません。

・手続きの煩雑さ

事業譲渡の場合は、債務や資産の移転に関しては所有者から個別の同意を得なければなりません。

会社分割は、権利関係を包括的に引き継げるため、諸手続きが容易です。

要点のおさらい

・会社分割とは、自社から切り離した一部もしくは全ての事業を別の企業に引き継がせる手法です。

・一部の事業だけを売買できる、税金の負担が軽いという点が会社分割の代表的なメリットです。

・課税対象の取り引きと見なされない、権利関係を包括的に引き継げるため手続きが容易であるということが事業譲渡と異なるポイントです。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る