はじめての方へ

FOR BEGINNERS

目次

スピードM&Aのしくみ

スピードM&Aは、売り手と買い手がインターネット上で、
会社・事業を売買できるM&Aマッチングプラットフォームです。

売り手は投稿、買い手は検索

M&A成約までの流れ

  • 案件登録・検索

  • メッセージ
    (匿名交渉)

    メッセージを待つ

    メッセージを送る

  • 秘密保持契約

    交渉相手と秘密保持契約を交わす

  • 実名交渉・
    最終契約の締結

    電話・面談等で成約に向けた具体的な
    交渉を重ね、
    最終契約を締結

  • 成約

    M&A成約後は、スピードM&A事務局に
    成約報告の手続きを行う

登録情報について

ニックネーム

スピードM&Aでは、匿名状態から交渉がはじまるので、ニックネームを使用して交渉を行います。お相手の方から覚えてもらえるようなオリジナルなニックネームを使用することで、スムーズな交渉が可能です。
※「非公開」や「匿名」などは重複しやすい傾向があり、相手の混乱を招いてしまう可能性がございますので、お控えください。

案件カードについて

直接交渉

売り手様との直接交渉が可能な案件です。こちらで成約した場合には、最終契約書をご提出の上、譲渡金額に応じた成約手数料のみをお支払いください。

仲介

売り手様が契約されている仲介会社を介して交渉を行う案件です。こちらで成約した場合には、成約手数料のほかに仲介会社に支払う手数料が発生する場合があります。

募集ステータス表

  • ステータス
  • メッセージ
  • 状態
  • 募集中
  • 積極募集中
  • 募集
    一時停止
  • ×
  • 多数の候補者と交渉中。募集再開の見込みあり。
  • 募集終了
  • ×
  • 有力候補と交渉中。または売却意志の見直し。
  • 成約済み
  • ×
  • すでに成約済み

実名交渉と秘密保持契約

実名交渉

実名交渉とは、交渉を行う上で、双方が同意のもと、より詳細な情報(個人や企業の特定につながるものを含む)を公開することです。実名交渉の承認後には、基本的に全ての情報を公開することが可能となります。スピードM&Aでは、実名交渉時にサイト上で「秘密保持契約」が締結できるため、簡単かつ安全な案件交渉が可能です。

※お相手との同意がない状態で申請を行うと、承認されない場合がございます。
必ず、双方同意の下で申請を行ってください。

実名交渉を行うためには、「秘密保持契約」の締結が必須事項です。
秘密保持契約を基に、情報公開が可能となりますので、規約をしっかり読んだ上、実名交渉の申請/承認を行ってください。

秘密保持契約

秘密保持契約とは、取引を行う際などに、営業秘密や秘匿性の高い情報など業務に関する情報を第三者に開示しないことを合意する契約です。

※締結後には、より綿密な交渉を行うために必要な、事業の財務状況や組織構造などの詳細情報を開示することが可能になります。

決算書等の秘匿性の高い情報の公開に同意するための契約です。
交渉初期での申請はなるべく控え、お互いの売買意志を確認した上で、次のステップとしてご活用頂くことが、より良いM&Aを行うための秘訣です。