メニュー

M&A用語集

WORDS

エンジェル投資家とは

エンジェル投資家とは、スタートアップ企業を援助する個人の投資家のことを指します。

銀行やファンドなどの融資に比べると出資額は低いですが、実績がまだない企業に資金を提供する金融機関は少ないため、起業家にとっては非常に貴重な存在と言えます。

エンジェル投資家の解説

創業間もない企業への出資はリスクが高いため、銀行などの金融機関に融資を依頼しても断られる場合があります。

そのため、スタートアップの企業家は資金繰りの面で苦労することが多いです。

そのような悩みを解決してくれるのがエンジェル投資家です。

資金の提供に留まらず、経営面でのアドバイスを行ったり、敏腕経営者を紹介してくれたりするケースもあります。

対価としては、事業が軌道に乗った際に株式を配当として受け取るパターンが多く見られます。

ハイリスクですが、成功すれば大きな利益が見込めます。

日本ではまだメジャーではありませんが、海外ではベンチャーキャピタル(ベンチャー企業に投資を行うファンド)と並ぶほど馴染み深い存在です。

エンジェル投資家から出資を受ける利点

・返済の義務がない

銀行などから受ける融資と異なり返済の義務が発生しません。

利子も支払う必要がないため、経営資金が乏しい企業にとって、この点は最大のメリットと言えます。

・助言が受けられる

エンジェル投資家は元々起業家として成功を収めた人が多く、経営に関するノウハウや知識を有しているケースが貴重なアドバイスを受けられるだけでなく、紹介によって人脈を広げられる可能性もあります。

エンジェル投資家から出資を受ける際の注意点

・経営に関与してくる可能性がある

投資家にも様々なタイプの人がおり、経営に口を出さない人もいれば、反対に深く関わってくる人もいます。

思い通りに事業を展開することが難しくなり、対立に繋がるケースも存在します。

また、出資を受ける以上は会社を成長させる責任が伴います。

・出資額は大きくない

個人の投資家であるため、銀行やベンチャーキャピタルに比べると提供される資金額は低いです。

事業内容によっては資金が不足するケースも十分に考えられます。

要点のおさらい

・エンジェル投資家とは、スタートアップに資金を提供する個人の投資家のことであり、出資への対価として株式を取得するのが一般的です。

・出資額を返済する必要がなく、経営に関するアドバイスを受けられる点が大きなメリットです。

・経営に深く関与してくる可能性があることや、出資額そのものが少額であることは念頭に置いておく必要があります。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る