メニュー

M&A用語集

WORDS

PEファンドとは

PEファンドとはPrivate Equity Fundの略です。

PEファンドは未上場企業株式(Private Equity)の取得などの投資を行うファンドのことです。

ベンチャーキャピタル(VC)や買収ファンド、企業再生ファンドなど未上場企業を対象に投資行為を行うファンドの総称がPEファンドとなります。

PEファンドの解説

PEファンドは、事業会社や金融機関、投資家などから資金を調達しています。そして、大企業の子会社や中堅企業といったこれからの成長が期待できる企業の株式を引き受けるという形を取って投資を行います。投資に加えて経営にも関与することでその企業の価値を高めてから、他社へ売却したりIPO(新規株式公開)を行ったりすることで利益を出します。

PEファンドの主な種類

・バイアウトファンド

ある程度成熟した企業に多額の出資を行って企業の経営に参画し、企業価値を高めるためにリストラや経営改革を実行します。その後株式公開や会社売却等で利益を得ることを目的としたファンドです。

 

・ベンチャーキャピタル

優秀なベンチャー企業を発掘し投資を行いますが、経営そのものには関与することは稀です。まだ事業として成り立つかわからないシード期の企業に出資することを積極的に行いハイリターンを狙うベンチャーキャピタルもあれば、上場が見えるほど成長した企業にのみ出資するベンチャーキャピタルと投資手法は様々です。

 

・ディストレストファンド

経営危機に陥り株価が下落した企業に投資を行うのが特徴的です。いわゆる企業再生と言われる分野に取り組みます。企業再生が上手くいけば膨大な利益が期待できますが、失敗すると損失も大きくなるハイリスクハイリターンの投資を行うファンドです。

PEファンドとヘッジファンドの違い

PEファンドの投資形式はオルタナティブ投資と呼ばれます。オルタナティブ投資とは、上場企業の株式や債券といった長らく投資の対象とされてきたものと関連しない資産に投資を行うことを指します。

ヘッジファンドは投資家や企業から資金を集め収益を得るために投資活動を行うことはPEファンドと同様ですが、PEファンドと異なる点は投資対象は株式や債券、金融派生商品など多岐にわたります。

またヘッジファンドは様々な取引手法を駆使し、市場の良し悪しに関係なく利益を出すことを目指している点から、リスクをヘッジ(回避)するという意味でヘッジファンドと呼ばれています。

要点のおさらい

・PEファンドは、未上場企業の株式を引き受けるという形で投資を行い、企業の価値を高めてから売却することで収益を得るファンドです。

・PEファンドにはバイアウトファンドやベンチャーキャピタルなどいくつか種類があり特徴もそれぞれ異なります。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る