メニュー

M&A用語集

WORDS

FAとは

FAとは、フィナンシャルアドバイザーのことです。

主な仕事は、専門知識を活かし財務や経済的な側面からアドバイスをすることです。

M&Aにおいては、M&Aが成立するまでに必要となるマネジメントやデューデリジェンス、交渉やファシリテーションなど幅広いサポートを経営者に対して提供します。

フィナンシャルアドバイザーの解説

フィナンシャルアドバイザーとはFAとも言いますが、その役割は財務や金融全般に関する助言行為を行うことです。

M&Aにおいては売り手企業の財務面を中心に、法務税務問わずM&Aを実行するための総合的なコンサルティングを行います。

FAのM&Aへの関わり方は「仲介」と「アドバイザリー」に分かれます。

アドバイザリーの場合は売り手か買い手のどちらか一方につき、クライアントの利益を最大化できるようアドバイスしていきます。

仲介の場合は売り手と買い手の両方とアドバイザリー契約を締結し、中立の立場でアドバイスを行っていきます。

M&Aにおけるフィナンシャルアドバイザーの重要性

多くの専門知識はもちろん、交渉のノウハウや経営のマネジメント能力も求められます。

それらを経営者一人で満たすことは難しいため、フィナンシャルアドバイザーが利用されます。

M&Aには株式を移転させることで経営権を譲渡する方法や、合併や事業譲渡を行って事業を譲渡する方法など、多様な手法があります。

これらの中から、最適な手法を選択し、計画を練りそれを実現させるためアドバイスをすることがフィナンシャルアドバイザーの主な役割です。

具体的には、売り手や買い手の選定から、M&Aの進め方や交渉のアドバイス、企業価値の算定、契約の際のアドバイスなど多岐にわたって支援を行います。

フィナンシャルプランナーとの違い

フィナンシャルアドバイザーとよく似ている言葉として、フィナンシャルプランナーが存在します。

フィナンシャルプランナーとはFPと訳され、個人向けに金融に関するアドバイスを行うことが多いです。

例えば、ライフプランに合わせた資金計画やアドバイスを行うのが主な仕事です。

要点のおさらい

・フィナンシャルアドバイザーは、専門知識を活かして金融関連のアドバイスや支援を行います。

・フィナンシャルアドバイザーはM&Aの成立前から成立後まで幅広いサポートを提供します。

・個人の人生設計に合わせた提案を行うのはフィナンシャルプランナーとフィナンシャルアドバイザーは混同されやすいので注意が必要。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る