メニュー

M&A用語集

WORDS

イグジットとは

イグジットとは、投資資金を回収することやそのために用いられる戦略を指します。

英語で出口という意味を持つ単語であるExitから由来しており、株式を売却して利益を得ることがゴールとされています。

代表的な手法としては、M&Aによる株式の売却やIPOによる新規上場が挙げられます。

イグジットの解説

投資資金を回収することやそのために描く戦略を意味します。

スタートアップの創業者やベンチャーキャピタル(ベンチャー企業に投資を行うファンド)が主な担い手です。

買い手側の最終的な目標であることから、収穫という意味を持つハーベスティングという単語で呼ばれることもあります。

M&Aによる株式の売却や、IPO(新規株式公開)が代表的な手法です。

米国ではM&Aによるイグジットが、日本ではIPOによるイグジットが主流です。

近年では日本でも、ベンチャー企業がM&Aによるイグジットを目指すケースが増加傾向にあります。

主なイグジット戦略

・IPO

証券市場へ上場させることで株価を一気に上昇させます。

そのタイミングに合わせ株価を売却することで発生した差額を利益として得る方法です。

一定の持ち株を保持するため、実施後も経営に携われることや、多額の利益が期待できるメリットがあります。

その一方で、上場させるまでに必要となる費用や時間の負担が大きい点も考慮すべきです。

・M&A

企業そのものや、一部の事業を他社へ売却して利益を得る方法です。

イグジット戦略としては、株式譲渡や事業譲渡が多く利用されます。

IPOよりも比較的短いスパンで利益を獲得しやすいですが、経営権が買い手企業に移転するため経営者の権限が小さくなる点がデメリットです。

イグジットを成功に導くポイント

・事前に具体的な計画を立てる

利益獲得の手法としてIPOとM&Aのどちらを選択するのかを前もって決定することは必須です。

時期はいつ頃か、どのくらいの利益がもたらされるのかも出口計画として定めておく必要があります。

この結果、イグジットを効率よく進められることに加えて、出資者に出資を促せる効果が期待できます。

要点のおさらい

・イグジットとは投資資金の回収や回収戦略のことで、M&AとIPOが代表的な手法です。

・M&Aは株式や事業を売却することで比較的短い期間での利益を狙いますが、IPOでは長いスパンで上場に伴う株価の上昇による利益を目指します。

・事前に具体的な出口計画を立てることで、イグジットを効率的に進めるとともに、投資家に出資を促すことが可能です。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る