メニュー

M&A用語集

WORDS

DD(デューデリジェンス)とは

DD(デューデリジェンス)とは、投資を行うにあたって、投資先の価値やリスク、投資対象となる企業などを調査することです。

デューデリジェンスは、一定のものではなく、企業に関する様々な側面から審査するもので、その種類は多岐にわたります。

デューデリジェリエンスの特徴・解説

デューデリジェンスは、投資や企業取引、M&Aなどの際に対象となる企業の価値やリスクを詳しく把握するために行われます。

デューデリジェンスを実施することで、投資家は投資先にリスクを事前に把握し、買収の意思決定や適正な買収価格の算定に役立てられます。

デューデリジェンスの種類

デューデリジェンスは、ビジネス財務、法務、税務など各領域に分けて、監査を実施することが一般的です。それぞれの違いを解説します。

 

ビジネスデューデリジェンス

ビジネスデューデリジェンスとは、その企業を包括する市場全体の状況や事業のビジネスモデルの把握から事業の将来性を評価したり、買収後のシナジー効果や事業統合の際のリスクなどの分析を行います。

 

財務デューデリジェンス

財務情報に関する企業価値を調査するデューデリジェンスです。

決算の財務表から、過去の業績推移、収益性、設備投資、事業計画との整合性など、あらゆる点から分析を行います。

 

人事デューデリジェンス

企業の貴重な資産の1つ、人材に特化したデューデリジェンスです。

組織再編後の社員の年金や退職金をカバーできるかどうか、有能な人材を確保し続けられるかどうかなどを調査することが目的です。

 

ITデューデリジェンス

企業の情報システムを中心に調査するデューデリジェンスです。

システムの有効性、劣化状況、システム統合にかかる費用、新規システム導入の必要性などを査定します。

 

税務デューデリジェンス

過去における法人税や社会保険料の未払いの有無や、将来の税務調査で追加徴税を受けるリスクがあるのかなどの税務上の問題やリスクを調査、査定するものです。

 

法務デューデリジェンス

過去の契約や取引内容に法令違反はないか、訴訟を抱えていないか、事業の許認可は適正かなどについて法律の観点から調査を行います。

買収対象企業が保持している権利関係の正当性の判別なども、法務デューデリジェンスとして行われます。

デューデリジェンスの注意点

デューデリジェンスが行われるタイミングは基本合意契約が締結された後で、かつ、最終条件交渉に移る前に行われるのが一般的です。デューデリジェンスには弁護士や会計士、税理士など各方面の専門家を買い手側が動員し行います。売り手側はスムーズにデューデリジェンスを終えられるよう資料や場所の提供を行う必要があります。

要点のおさらい

• デューデリジェンスは、投資を行うにあたって、投資先の価値やリスク、投資対象となる企業 などを調査することです。

• ビジネス面、財務面、資金調達面、法契約面など各領域に分けて、実施することが一般的です。

• タイミングは、基本合意契約が締結された後でかつ最終条件交渉に移る前に行われるのが一般的です。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る