メニュー

M&A用語集

WORDS

M&Aブティックとは

M&Aブティックとは、M&Aのプロセスにおいてアドバイスやサポートを全面的に行う会社のことです。

M&Aに関する豊富な知識と経験を兼ね備えた専門家の集まりです。

コンサルティングファームや証券会社、大手の銀行が主な担い手となります。

M&Aブティックの解説

ビジネスにおいてブティックという言葉は、ある分野に特化したアドバイザリーやファームを意味します。

M&Aブティックとは、M&Aを実施するにあたって必要なアドバイスやサポートを行う会社を指す言葉です。

外資系投資銀行や経営コンサルティングファームが代表的な担い手として挙げられますが、M&Aの仲介を専門に扱う会社も存在します。

また、証券会社やメガバンクの中には、M&Aブティックとしての機能を持っている会社もあります。

M&Aには法務や財務に関する高度な知識が幅広く求められます。

経営者が個人でM&Aを行うことも不可能ではありませんが、リスクや費用対効果を考えてプロに依頼するのが一般的です。

M&Aブティックに依頼する利点

・効率的に進められる、突然のトラブルに対応できる

M&Aのプロセスが完了するまでには多くの時間と作業が必要です。

本業を行いつつM&Aの手続きを進めるのは困難ですし、どちらにも中途半端な結果しか残せない可能性があります。

M&Aの取引相手の選定や、買収候補となる企業の評価、デューデリジェンスといった重要な過程をブティックのネットワークを利用することで、多くの企業と効率的に接触できる点も利点です。

また、M&Aの過程にはトラブルがつきものです。

様々な経験と専門知識を活かして、最適な改善策を提案できるのもM&Aブティックの強みです。

M&Aブティックを利用する際の注意点

・M&Aが成功するとは限らない

案件の規模や依頼する会社にもよるため、全てには当てはまりませんが、M&Aブティックに支払う報酬は非常に高額となります。

ところが専門家に依頼したからといって必ずM&Aが成功するわけではありません。

結果が伴わなかった場合でも、責任を求められないことは押さえておくべきポイントです。

要点のおさらい

・M&AブティックとはM&Aの専門家が集まった会社で、M&Aのサポートをするのが仕事です。

・M&Aブティックを利用することで、M&Aを効率的に進めるとともにトラブルに素早く対処できます。

・M&Aが失敗に終わるリスクがあることや、結果に関わらず責任を求められないことには注意して利用することが必要です。

スピードM&AでM&Aをはじめる スピードM&AでM&Aをはじめる M&A案件一覧を見る M&A案件一覧を見る