メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

ジェットボードのスポーツ化の事業承継・M&A案件

募集終了
最終更新日 : 2019-01-07    公開日 : 2019-01-07
案件情報
交渉メッセージ

M&A案件概要

  • 業種
  • Webサイト

  • 所在地
  • 大阪府
  • 従業員数
  • 5人未満

財務情報(選択してください年度)

  • 売上高
  • 1000万円未満
  • 営業利益
  • 100万円未満
  • 総資産
  • 選択してください
  • 純資産
  • 選択してください
  • 有利子負債
  • 選択してください

譲渡内容

  • 希望譲渡価格
  • 300万円〜1000万円
  • 売却希望期限
  • なし
  • 案件掲載者
  • オーナー直接
    ※売り主と直接交渉できる案件
  • 譲渡対象
  • 事業(全部または一部)
  • 譲渡対象(補足)
  • アイデアは多くありますが形にする為には資金集めの必要がある為
  • 譲渡理由
  • 新しい事業を立ち上げるため
  • 譲渡理由(補足)
  • アイデアは多くありますが形にする為には資金集めの必要がある為

ビジネスモデル

  • 製品/サービス内容
  • 現在単なるマリンアクティビティとしてしか認識されていないジェットボードと言うサーフィンに似た物を、レースや技術点で競うスポーツ化をしていきます。

    まず、スポーツ化について、競技の種類としては大きくわけると2種類あり、スピードを競うレースと技術点を競う競技になります。

    レースの中にも2種類の競技があり、コースを選手一人一人が、別々で走行し何秒で帰って来られるかを競うタイムアタック形式。
    もう1つが、皆さんがよく車やバイクなどで目にする複数人が走行するレースになります。

    技術点を競う競技は、障害物や水面の環境など様々なことを組み込みながら演舞する競技になります。【スケボーや、BMXをイメージして頂けるとわかりやすいかと思います。】

    次に、事業として行う事
    まず、アクティビティとしての要素は残したままにしておき、その上、このスポーツ化を行なっていきます。
    ジェットボード自体の単価が高い為、初めの頃はリースでアクティビティのインストラクションなどに加え、大会イベントを頻繁に開催していき、競技人口を増やしていきます。【この時も希望の選手にはジェットボードをリースで行います。】

    その大会を放映し、スポーツギャンブルを行う事で収益モデルを増やしていきます。

    また、競技人口が増えるにつれて、拡張性の高い最低限の機能しかないジェットボードを販売し、販売及びメンテナンスの収益モデルも作ります。
  • 事業の強み・差別化ポイント
  • 新たなジャンルを切り開く事になるので、ファーストペンギンになれると言う事もあり、この面白さに人材集めには最高の題材だと思います。

    選手では無く運営側という事もあり、広告収益や、スポンサー収益だけでなく、放映や、スポーツギャンブル、デバイスの販売、メンテナンス、インストラクト、イベント運営など多くの収益モデルを作ることが可能です。

    駆け出しのバンドやアイドル達のお披露目の場として、音楽イベント等と合わせたり、フードイベントや、カーショーなどと合わせる事も可能ですし、集客率を上げる方法も多義に渡ります。
    認知度を上げる作業には最高の題材になると思います。

    また、音楽関係のイベントなどを運営している会社との繋がりもあるので、本件の運用をする際に何かしらの協力を頼む事も可能かと思います。
  • ビジネスモデル
    その他
  • あくまで、企画発案段階です。
    現在事業として動いている訳ではありません。

案件ID : 132

その他のM&A・事業譲渡案件