メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

【年間売上1億円越】知名度抜群の大型レストラン(価格応相談)の事業承継・M&A案件

最終更新日 : 2020-12-14    公開日 : 2020-12-14
案件情報
交渉メッセージ
  • 募集状況

    募集終了 
    (案件掲載者ログイン:7日以内)
  • 業種

    レストラン・食堂・カフェ

    居酒屋・バー

  • 地域

    甲信越・北陸
  • 売上高

    7500万円〜1億円
  • 希望譲渡価格

    1500万円 ~ 3000万円
  • スピードM&A
    手数料

    スピードM&A手数料とは、案件が成約した際に買い手側がスピードM&Aに支払う成約手数料のことです。

    「無料」と記載されている場合は、成約時にスピードM&Aにお支払いいただく手数料は発生しませんが、別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります。

    スピードM&Aの利用料金はこちら

    ご成約時にスピードM&A手数料のお支払いが発生します
    ※別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります
  • 案件掲載者

    オーナー直接:
    自社の売却事業を直接掲載するオーナーまたはその代理人

    セルサイドFA:
    売り手企業とアドバイザリー契約を結び案件掲載を委任されたFA

    バイサイドFA:
    買い手企業側に立つFA(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介:
    売り手、買い手双方の交渉を仲介する仲介会社(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介

    バイサイドFAからの提案:不可

  • 譲渡形式

    事業譲渡
  • 譲渡対象資産

    賃貸借契約、ブランド、設備、備品、什器、人材(転籍予定2名、PAスタッフ除く)、(団体利用向け)既存取引先
  • 事業概要

    新幹線停車駅前の商業施設で運営している大型のバル・レストラン店舗の事業譲渡となります。

    近隣のウェディング会場を中心とした冠婚葬祭での団体利用により、FLを合計56%(F:25%程度 L:21%程度)で管理できており、開業からすでに年数が経っているため、ブランディングは完了しており、近隣での知名度は高いものがあります。

    但し、コロナショックによる大幅な団体利用の縮小から赤字状態に陥っており、多数の業態・店舗を運営している譲渡希望企業は、事業の整理と集中のため、資本をお持ちの企業様への事業譲渡を決心されました。

    ✓駅前一等地であるランドマークとの賃貸借契約内容は希少性が高いこと
    ✓近隣に譲渡希望企業が運営している店舗はなく、FL管理能力に優れた従業員も転籍予定であること
    ✓コロナ以降であれば、1年以内での投資回収ができること
    ✓店舗解約と並走している案件のため、価格以上にスピード感を優先していること

    以上の点から、コロナ渦中の最低限のコストを保つことができれば、それ以降での利益計上は短期間且つ安定的に継続して求められると考えられます。
  • 譲渡理由

    事業の整理・集中のため
  • 案件概要補足

    コロナショック影響前では年間営業利益3,500万円前後を計上できており、顧客流動性の高い首都圏、名古屋、大阪では、駅前商業施設テナントの家賃比率から不可能な利益率を誇っておりました。

    全国有数の事業実績をはじき出していた案件の事業対価としては現時点でも破格であり、セルサイドとバイサイドの合意があれば、更なる減額交渉も可能です。

財務情報(直前期)

希望譲渡価格

1500万円 ~ 3000万円
財務情報を見るには?
財務情報を閲覧するには、スピードM&Aにログインしてください。
まだスピードM&Aのアカウントをお持ちでない方は、会員登録をお済ませください。

損益計算書(P/L)

  • 売上高

    ********************
  • 営業利益

    ********************
  • 役員報酬

    ********************
  • 減価償却

    ********************

貸借対照表(B/S)

  • 総資産

    ********************
  • 有利子負債

    ********************
  • 純資産

    ********************
  • 現預金

    ********************

財務情報補足

********************

担当アドバイザーからのコメント

弊社はあくまで仲介であることから、両社の合意に至った場合の譲渡対価を尊重いたします。
また、ご先方(セルサイド)はテナント解約と並走して本件を検討しているため、価格ではなくスピード感に優先順位をつけている点から『譲受企業の希望価格を打診すること』が最も効率的で出資額の極小化に紐づかれると考えられます。

メッセージを
送る
案件ID : 9742

その他のM&A・事業譲渡案件