メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

引継ぎ負債無|単月黒字|デザインイラストのオンライン教育事業の事業承継・M&A案件

募集一時停止
最終更新日 : 2020-05-26    公開日 : 2020-05-26
案件情報
交渉メッセージ

M&A案件概要

  • 業種
  • 教育・教室・学習塾

  • 所在地
  • 東京都
  • 従業員数
  • 5人未満

財務情報(2019年度)

  • 売上高
  • 500万円〜1000万円
  • 営業利益
  • 200万円未満
  • 総資産
  • 500万円未満
  • 純資産
  • 債務超過なし
  • 有利子負債
  • なし

譲渡内容

  • 希望譲渡価格
  • 300万円〜1000万円
  • 売却希望期限
  • 2020年8月
  • 案件区分
  • 直接交渉案件
    ※売り主と直接交渉できる案件
  • 譲渡対象
  • 株式(全部または一部)
  • 譲渡対象資産
  • ノウハウ、ウェブサイト
  • 譲渡対象(補足)
  • 全株式を譲渡いたします
  • 譲渡理由
  • 会社・事業の成長のため
  • 譲渡理由(補足)
  • 財務的な理由からシナジー効果のある企業への譲渡を検討していま
  • どのような相手に譲渡したいか
  • 譲渡先のイメージ・教育系の事業をすでにされている・子供向けの事業を展開されている・FC展開などのノウハウがある・デザイン、イラストに関する事業をやっている・オンライン教育に参入を検討している
  • 事業譲渡後も経営に関わりたいか
  • 応相談
  • その他補足事項
  • コロナ禍において特需のあるオンライン教育事業ですが、今回親会社の意向によりシナジーの高い企業に譲渡することとなりました。単体でも存続できる状態ではありますが、事業を発展させるために、よりシナジーのある会社への譲渡を希望しております。

ビジネスモデル

  • 製品/サービス内容
  • 設立から、1年間で生徒の退会0(継続率100%)と教育界隈ではあり得ないと高評価を得ている事業です。(ただ、コロナによって退会・休会が発生しました)
    当事業はプログラミングの次に来る教育としてこれから伸びを見せる分野になります。

    幼稚園から小学生のクリエイター(主にイラストレーター)を育てるアカデミーを運営しております。
    美術教員の資格を持ったクリエイターが講師となり、子供達にデジタルイラストを描くスキルを提供しています。
    また、単純な習い事としてだけではなく、制作された作品をオンライン上で販売することで幼稚園や小学生でも給与としてお金を受け取ることでお金の教育も行っております。

    ビジネスモデルとしては、
    ・学習塾モデル
     ・子供が教室に通うモデル
     ・中高生がデザインを学ぶ塾
     ・大人にデザインを教える講座
    ・ライツ管理事業(100以上のライツを保有)
     ・カリキュラムを通じて生まれたキャラクターのマネジメント
      ・LINEスタンプの販売など
    ・制作受託事業
     ・教室と企業のコラボレーション(制作の受託)
    ・海外支援事業
     ・カリキュラムの海外への普及活動
    となっております。

    海外での幼児教育にも力を入れており主にスラム街や発展途上国における独自教育の普及を行っています。デジタルイラストを制作するスキルを身に付けることで、自分たちで作品を制作しお金をすぐに稼ぐ方法と経験を提供し、東南アジアを中心に評価を得ています。
    これから海外にてFC展開を行うことが決まっており、現在ベトナムにて準備を進めています。
  • 事業の強み・差別化ポイント
  • ・世界でも唯一の教育を行っている
    ・1年間で教室の退会0、継続率100%の習い事
    ・教育を普及するほど管理するライツが増えていく仕組み
    ・ロングテールで事業を伸ばすことができる
    ・少ない資本で事業を運営することができる
    ・独自ノウハウで講師採用が容易にできる
  • 顧客/集客方法
  • 教室事業は、教室の近辺のエリアの主に幼稚園〜小学生が対象となっておりましたが、
    現在はリアル教室が休校にて、オンライン教室へと移行しております。
    そのため、今後は全国を対象に事業を展開することが可能です。

    現在の顧客層は、デザインやアートに興味のある富裕層世帯の子供が多いです。
    また、ハンディキャップを持っている生徒にもカリキュラムを提供しています。
    中高生講座は中高生、社会人向けは社会人(在宅ママワーカー)などが対象となります。
    将来的にはシニア等もターゲットとなります。

    (集客方法について)
    SEO、チラシ、口コミを中心に顧客を獲得しています。
    入会前に体験教室を無料で提供しているので入会後の脱退がありません。

    海外に関しては、お問い合わせや財団等の支援が中心となります。
  • 収益モデル
  • ・お月謝+作品の販売による手数料
    ・端末のレンタル費用
    ・業務委託や受託での制作費用

    オンラインに移行してからは、
    お月謝>講師給与
    となっておりますので、うまく集客を増やせば利益が増える構造となります。
  • コスト
  • ・地代家賃:リアル教室→オンラインへ移行のため不要
    ・人件費:講師(アルバイトの給与:時給1500円)
    ・消耗品:消毒液など
    ・広告費:現在は月に2−3万円程度です
    そのほか大きなコストはございません
  • リソース
    (人材・設備・資金)
  • 端末:ipad・アップルペンシルのセットが20セット強
    人員:アルバイト講師(全員社歴が長い、創業メンバーも含む)
    知的財産:カリキュラム
    顧客:現在通っている全顧客
  • ビジネスモデル
    その他
  • 譲渡後については引継ぎを行いますので、ご安心ください。
    基本的なカリキュラムの提供は全て講師が行っておりますので、運営の作業としてはマーケティングや戦略構築などが主になるかと思います。
案件ID : 5579

その他のM&A・事業譲渡案件