メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

台東区浅草のカプセルホテル内装譲渡案件の事業承継・M&A案件

募集中
最終更新日 : 2020-05-20    公開日 : 2020-05-20
案件情報
交渉メッセージ

M&A案件概要

  • 業種
  • ホテル・旅館・温泉

    民泊・ゲストハウス・簡易宿泊所

  • 所在地
  • 東京都
  • 従業員数
  • 5人未満
メッセージを送る

財務情報(2018年度)

  • 売上高
  • 2000万円〜5000万円
  • 営業利益
  • 赤字
  • 総資産
  • 5000万円〜1億円
  • 純資産
  • 債務超過なし
  • 有利子負債
  • 6000万円〜8000万円

譲渡内容

  • 希望譲渡価格
  • 1000万円〜2000万円
  • 売却希望期限
  • なし
  • 案件区分
  • 直接交渉案件
    ※売り主と直接交渉できる案件
  • 譲渡対象
  • 応相談
  • 譲渡対象資産
  • 設備
  • 譲渡対象(補足)
  • ビルの内装設備一式1.2億  希望価格2000万
  • 譲渡理由
  • 事業の存続性に対する不安のため
  • 譲渡理由(補足)
  • コロナウィルスの影響により事業が立ち行かなくなった為
  • どのような相手に譲渡したいか
  • 台東区浅草で床面積800平米のビルを内装費用をかけずに、転用して借りたいor買いたい先 飲食、シェアオフィス、オフィス、その他転用可能
  • 事業譲渡後も経営に関わりたいか
  • 応相談
  • その他補足事項
  • 7月解体開始予定 賃料税込275万 保証金4000万です。  売り上げが減り投資した金額が回収できない為です。弊社は2016年に開業しましたが、東京のホテル建設ラッシュにより客室単価が著しく減少し、本年2月に家主に対して賃貸借契約の解除を申し入れました。 コロナウイルスの影響の前から、東京の簡易宿泊所のホステルゲストハウスの客単価は2016年度の3500円から2000円まで下落していました。 立て直しのため1Fを飲食店への改装、スマートチェックインの導入、客室の改装等、新規の投資を考えておりましたが、諸々の事情があり新規投資をやめました。 本年度3月より、同業他社へ譲渡の打診をしておりましたが業界的に新規投資が難しく、譲渡先は見つかりませんでした。 2016年に改装し、 改装費は約1億2000万円かけています。7月初旬より解体の予定なので。その前にうまく運用して頂ける先があれば譲渡したいと考えております。 家主に対しては、保証金を4000万円積んでおり。家主も私たちが撤退すると、4千万円の資金の返却が生じるので、新たなテナントを見つけ、新規テナントからの保証金を持もって弊社に返却する保証金を少なくしたいという意向もあるようなので、この状況が改善するまで数ヶ月間、は減額していただけるかもしれません。 4月は約500万円の赤字です。3月は訳コンビ約 400万円の赤字です。2月は約350万円の赤字です。

ビジネスモデル

  • 製品/サービス内容
  • 簡易宿泊所
  • 事業の強み・差別化ポイント
  • 2017年Booking.com部門別1位獲得
  • 顧客/集客方法
  • オンライン
    Agoda
    Bookig.com
    Expedia
    楽天トラベル
    じゃらん
    JTB
    ホステルワールド
  • 収益モデル
  • ホステル、ゲストハウスに属する宿泊事業
    1Fに厨房機器があるが現在停止中
    宿泊特化
メッセージを送る
案件ID : 5247

その他のM&A・事業譲渡案件