メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

最終更新日 : 2024-05-31    公開日 : 2024-05-31

【リピート9割】業務用ヘアケア商品の企画製造販売会社の事業承継・M&A案件

案件情報
交渉メッセージ
  • 募集状況

    募集中 
    (案件掲載者ログイン:1ヶ月以内)
  • 業種

    化粧品・健康食品卸

    その他製造(日用品)

    その他美容・理容

  • 地域

    九州・沖縄
  • 売上高

    7500万円〜1億円
  • 希望譲渡価格

    6000万円 ~
  • スピードM&A
    手数料

    スピードM&A手数料とは、案件が成約した際に買い手側がスピードM&Aに支払う成約手数料のことです。

    「無料」と記載されている場合は、成約時にスピードM&Aにお支払いいただく手数料は発生しませんが、別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります。

    スピードM&Aの利用料金はこちら

    ご成約時にスピードM&A手数料のお支払いが発生します
    ※別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります
  • 案件掲載者

    オーナー直接:
    自社の売却事業を直接掲載するオーナーまたはその代理人

    セルサイドFA:
    売り手企業とアドバイザリー契約を結び案件掲載を委任されたFA

    バイサイドFA:
    買い手企業側に立つFA(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介:
    売り手、買い手双方の交渉を仲介する仲介会社(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介

  • 譲渡形式

    事業譲渡
  • 譲渡対象資産

    【スキーム】
    事業譲渡(引継ぎ資産は在庫14百万円)
  • 事業概要

    【ヘアサロン専売品のヘアケア製品の企画・製造・販売】
    ※工場は保有していないファブレス経営

    ディーラー経由で全国のヘアサロンへ販売しており、売上の90%以上がリピート商品・リピート顧客で成り立っています。
    現在はディーラー経由での販売となりますが、今後の成長戦略として以下の取り組みが考えられます。
    ・自社製品の開発・製造・販売
    ・新商品の開発
    ・単価UP
    ・ECを活用したインターネット販売
    ・新規顧客開拓(現在の売上はリピートのみ)

    業歴は長く、業界での認知度は高いです。
    確固たる基盤は出来上がっているので、本ブランドを買収して頂いた後に上記のようなテコ入れを行うことで、更なる成長が期待できます。
  • 譲渡理由

    会社・事業の成長のため
  • 案件概要補足

    【事業内容の特色】
    業務用ヘアケア商品(シャンプーやトリートメント)
    過去にヘアマニュケア商品で国内販売件数売上No1の実績あり

    【取引先の特色】
    ディーラー経由がメインで、全国のヘアサロンへの販売
    200社弱のディーラーと随時取引(アクティブな顧客は150社程度)

    【従業員・組織の特色】
    営業が1人在籍しておりますが、リピート顧客が9割以上です。
    新規営業も出来ていない状態で現在の業績が維持されております。
    営業人員の転籍も可能ですが、買い手企業様のご意向に沿います。

財務情報(直前期)

希望譲渡価格

6000万円 ~
財務情報を見るには?
財務情報を閲覧するには、スピードM&Aにログインしてください。
まだスピードM&Aのアカウントをお持ちでない方は、会員登録をお済ませください。

損益計算書(P/L)

  • 売上高

    ********************
  • 営業利益

    ********************
  • 役員報酬

    ********************
  • 減価償却

    ********************

貸借対照表(B/S)

  • 総資産

    ********************
  • 有利子負債

    ********************
  • 純資産

    ********************
  • 現預金

    ********************

財務情報補足

********************

担当アドバイザーからのコメント

【強み・アピールポイント】
9割はリピートで成り立っており、手離れ&引継ぎがスムーズ
業歴長く、これまで良い商品を提供し続けてきた自負があります。結果的に待っていても注文を頂ける関係値は築けていますが、新規営業・新商品の開発を手掛けられていないため、年々業績が微減しています。
ファブレス経営のため、資産は軽いです。
ブランドはありますので、更なる成長余地は大きく残されている企業です。

メッセージを
送る
案件ID : 42030