メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

最終更新日 : 2023-09-15    公開日 : 2023-09-15

沖縄農業生産法人 土地1200坪 豚舎付き 協業自走可の事業承継・M&A案件

案件情報
交渉メッセージ
  • 募集状況

    募集中 
    (案件掲載者ログイン:3ヶ月以上前)
  • 業種

    農業

  • 地域

    沖縄県
  • 売上高

    500万円〜1000万円
  • 希望譲渡価格

    1億2000万円 ~
  • スピードM&A
    手数料

    スピードM&A手数料とは、案件が成約した際に買い手側がスピードM&Aに支払う成約手数料のことです。

    「無料」と記載されている場合は、成約時にスピードM&Aにお支払いいただく手数料は発生しませんが、別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります。

    スピードM&Aの利用料金はこちら

    ご成約時にスピードM&A手数料のお支払いが発生します
    ※別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります
  • 案件掲載者

    オーナー直接:
    自社の売却事業を直接掲載するオーナーまたはその代理人

    セルサイドFA:
    売り手企業とアドバイザリー契約を結び案件掲載を委任されたFA

    バイサイドFA:
    買い手企業側に立つFA(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介:
    売り手、買い手双方の交渉を仲介する仲介会社(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介

  • 譲渡形式

    事業譲渡
  • 事業概要

    沖縄の農業生産法人 土地1200坪 豚舎付き 協業自走可 案件です。協業により完全自走可能な農業生産法人で、土地1200坪に養豚豚舎が付属しており、年間利益が1200万円以上の可能性がある養豚場です。さらに、各種農業補助金・助成金・スーパーL資金(10億円から30億円)の無担保無保証借入もフォローいたします。

    ●詳細情報:
    ・三元豚・あぐー豚の原産種を扱っています。
    ・飼育可能な豚の頭数は500頭です。
    ・大鋸屑と牧草を使用したおがこ農法を採用しています。
    ・養豚場では堆肥を作り、売ることもできます。


    ●利点:
    ・豚の畜産において、約30キロの豚を仕入れて6ヶ月後に約130キロに成長させ、販売することが可能です。
    ・仕入れ価格は約1万円から2万円であり、半年後の売価は約3万円から約4万円です。つまり、約3倍の利益が見込めます。
    ・単純な売却の例として、仕入れ価格15,000円 × 500頭 = 750万円、6ヶ月後の売価35,000円 × 500頭 = 1750万円となります。

    ・年に2回の売却で粗利は2000万円となり、堆肥の販売収入も加えられます。
    ・人件費は2名で約20万円 × 12ヶ月 = 約480万円です。
    ・餌代は廃棄食材を再利用するため、安価ですが常にルート確保は必要です。
    ・餌代(廃棄食材利用)、光熱費などの費用その他は年間約320万円です。

    ・単純粗利は、年間約1200万円(2000万円 - 800万円)が見込まれます。

    さらに、飲食業を絡めることで利益を倍増させることも可能です。豚肉を直接販売したり、飲食店やレストランとの提携を考えることで、養豚場の収益を飛躍的に増やすことができます。

    ●売却の理由
    オーナー70歳以上の高齢 後継者である長男が亡くなり 廃棄食材の餌の供給元の経営者の方が体調を壊されたこともあり
    一時中断していましたが、後継者不在と健康上の理由で売却します。


    養豚豚舎付き 農業生産法人 土地約1200坪付き 沖縄で家が建てられる坪10万円以下の土地はありません。

    私たちはこの提案を通じて、買主様のビジネスにおける成功と収益向上を支援することを目指しております。農業生産法人 養豚場のM&Aにより、既存の運営を引き継ぐ形で、安定的な収益と成長の可能性を持った事業を展開していただけると確信しております。
  • 譲渡理由

    後継者を探している(事業承継)
  • 案件概要補足

    至急譲渡希望

財務情報(直前期)

希望譲渡価格

1億2000万円 ~
財務情報を見るには?
財務情報を閲覧するには、スピードM&Aにログインしてください。
まだスピードM&Aのアカウントをお持ちでない方は、会員登録をお済ませください。

損益計算書(P/L)

  • 売上高

    ********************
  • 営業利益

    ********************
  • 役員報酬

    ********************
  • 減価償却

    ********************

貸借対照表(B/S)

  • 総資産

    ********************
  • 有利子負債

    ********************
  • 純資産

    ********************
  • 現預金

    ********************

財務情報補足

********************

担当アドバイザーからのコメント

自然食材廃棄食材の餌を利用
大鋸屑と牧草を使用したおがこ農法

食料自給率が問題になっている日本で今後の農業のビジネスの展開が期待できる沖縄県で、農業を始めるためには地元農業生産法人を活用するのが近道。
地元とのネットワークも引き継ぎます。
土地と、そこに建つ畜舎を含む事業譲渡となります。


地元のネットワークがあります。
買収後何をするかによってサポートします。
畜舎の新規建設は地元の同意など必要となりかなりハードルが高いですが、すでに畜舎を建設していますのですぐに畜産も可能です。

メッセージを
送る
案件ID : 38238