メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

最終更新日 : 2022-09-26    公開日 : 2022-09-20

162%成長中!1名で運営可能なDtoCメンズアパレルの事業承継・M&A案件

案件情報
交渉メッセージ
  • 募集状況

    募集中 
    (案件掲載者ログイン:1ヶ月以内)
  • 業種

    ECサイト

    アパレル / 繊維卸・小売・商社

    アパレル / 繊維製造・メーカー

  • 地域

    東京都
  • 売上高

    1000万円〜2000万円
  • 希望譲渡価格

    2500万円 ~ 3500万円
  • スピードM&A
    手数料

    スピードM&A手数料とは、案件が成約した際に買い手側がスピードM&Aに支払う成約手数料のことです。

    「無料」と記載されている場合は、成約時にスピードM&Aにお支払いいただく手数料は発生しませんが、別途、仲介会社に支払う仲介手数料が発生する場合があります。

    スピードM&Aの利用料金はこちら

    ご成約時にスピードM&A手数料のお支払いが発生します
  • 案件掲載者

    オーナー直接:
    自社の売却事業を直接掲載するオーナーまたはその代理人

    セルサイドFA:
    売り手企業とアドバイザリー契約を結び案件掲載を委任されたFA

    バイサイドFA:
    買い手企業側に立つFA(アドバイザリー契約が必要です)

    仲介:
    売り手、買い手双方の交渉を仲介する仲介会社(アドバイザリー契約が必要です)

    オーナー直接

    ※売り主と直接交渉できる案件
  • 譲渡形式

    事業譲渡
  • 譲渡対象資産

    ■売却対象となる資産
    ・本件は事業売却です。アパレル事業を他に営んでおりませんので事業に付随するすべての資産を売却します。
    ・ブランド(商標登録あり)
    ・在庫(売却時によりますが1000万円ほどあります)
    ・自社サイト(カラーミーショップで運営しています)
    ・ブログサイト
    ・SEO目的のサテライトサイト
    ・SNSアカウント
    ・顧客リスト
    ・ドメイン・サーバーなど一式
    ・メールアドレス・社内資料一式

    ■契約切り替えについて
    ・今回は事業譲渡になるので、契約関係をすべて切り替えていただく必要がございます。
    ECサイト(登録名義とクレジットカードを変更するだけ)
    サーバーとドメイン(移転作業が伴いますが手伝います)
    倉庫業者
    生産関係の取引口座
    クレジット決済会社(GMOイプシロン・ヤマトフィナンシャル)
  • 事業概要

    ニッチジャンルのメンズアパレルで、年商1500万円・営業利益率が30%です。今期は8月末時点で売上が昨対比162%成長しています。
    2008年にスタートしたロングヒットのブランドで、流行に影響が受けないため商品が長期間売れ続けるのが特徴。
    自社サイトのみの販売チャネルで、客単価は4万円を超えています。過去の最高客単価はネット購入で約50万円でした。
    競合はほとんどおらず小さいマーケットながらブルーオーシャン状態で、LTVで200万円を超えるリピーター様もいらっしゃいます。

    また、今まで事業責任者1名で運営できていたため、今回買収される企業においても1名のスタッフがいれば運営可能です。元々アパレル・ECともに未経験の人材で運営できていた実績があります。

    ■事業内容
    ニッチジャンルのメンズアパレルブランドをOEMで運営しています。顧客対象は特定の悩みを持った男性で、メインは30〜40代ですが、下は10代から上は60代の方までご購入されます。ファッションスタイルは「一般的」をイメージしており、尖ったモード系や流行を追いかけるようなブランドではなく、ごく一般的なファッションを楽しめるブランドです。

    身体的な特徴を持った人向けのブランドなので、オシャレ訴求ではなくソリューションを提案しているため、顧客の深いニーズを捉えています。
    14年目の続けてきているので知名度とリピーター客がいます。
    狭いマーケットではありますが、ブルーオーシャンなので客単価が高く4万円を超えています。

    またこのブランドは約6年前に私が事業買収したものであり、私自身が買収して運営できているのが何よりの証しで、買収してからそのまま事業運営が可能です。通販なので仕組みで売上があがります。

    ■強み
    ・売上が伸びている(5年前から3.4倍、今期は昨対比162%)
    元々5年前に買収したブランドで、その時は売上が440万円だったため売上が3.4倍に成長しました。今期は昨対比162%で現状推移しています。(2022年8月末時点)

    ・競合がほぼいないこと
    2〜3年に1社ほど参入してきますが、ほぼ100%撤退しています。
    理由は弊社が歴史があることと、SEOが強いことがあるのではないかと考えています。
    現在は1社参入してきていますが、ファッション性も異なるためそれほど競合せず、むしろマーケット自体の認知度を拡大してくれるありがたい存在だと捉えています。

    ニッチなお悩みを抱えているお客様にばかりですので、アンケートで「他でどのブランドで購入されますか?」と質問しても「御社のブランドでしか購入していません」という方が多く、出てくるブランド名としてもユニクロ・無印なので、実質お客様の頭の中にも代替ブランドがない状態です。

    ・客単価が平均4万円と高い
    10万円以上の購入者も珍しくありませんし、リリースした服をすべて2着ずつ購入されるお客様もいます。
    最高の1回の購入単価は50万円で、LTVでは200万円以上購入いただいているお客様も数名いらっしゃいます。
    逆に単価が高すぎることに懸念を持って去年は販売価格を下げる努力を行いました。原価の大幅引き下げに成功し、販売価格を10%落としながら粗利を高めることに成功しました。

    ・SEOが強い
    元々ドメインが強いことと、SEOの対策をしているため主要キーワードで上位表示しています。

    ・メルマガで売れる
    昨今のファッションブランドはSNSをマーケティングの主戦に捉えるブランドが多い中で、弊社はSNSよりもSEOや既存客へのメルマガで売上が上がります。

    ・ロングセラーで商品が売れる
    通常のアパレルは大量生産体調販売で売れ残ったらロスするのが業界慣習ですが、弊社のブランドは3年〜5年前のアイテムも売れ続けます。通常のアパレルと違ってバタバタしませんし、資産性が高いビジネスです。

    ・小ロット生産が可能な取引先
    1型あたり最低20着から生産ができるパートナーがいるため小ロット生産が成り立っています。この規模で生産してくれる工場はなかなか見つけることが大変であるため、企業秘密の1つです。

    ・カラーミーショップベストセレクト賞に選ばれました
    ネットショップの中から優秀なお店を表彰するカラーミーショップ特別賞のベストセレクト賞を受賞しました。全国4万店舗のなかから特に優れた強みを持つショップを持つ特別賞の1つに輝きました。ECサイトにこのベストセレクト賞のロゴを入れるとCVRが高まる権威ある実績です。
  • 譲渡理由

    事業の整理・集中のため
  • 案件概要補足

    ■売却理由
    事業責任者が体調不良のため長期療養することになったためです。今年の5月から体調を崩し、受発注業務だけなんとか継続して、他の施策(ブログやSNS更新など)をすべて止めて最低限で運営してきましたが、体調が戻らないため仕事から外れて療養することになりました。

    その事業責任者が事業推進を行うモチベーションが強かったためにここまで継続してきましたが、元々5年前に買収して運営を始めた事業なのでいずれ売却しようとは考えていました。
    事業責任者がいなくなった現状、会社全体としては別の事業に注力していきたいタイミングであることから、選択と集中の意味で売却をすることにしました。

財務情報(直前期)

希望譲渡価格

2500万円 ~ 3500万円
財務情報を見るには?
財務情報を閲覧するには、スピードM&Aにログインしてください。
まだスピードM&Aのアカウントをお持ちでない方は、会員登録をお済ませください。

損益計算書(P/L)

  • 売上高

    ********************
  • 営業利益

    ********************
  • 役員報酬

    ********************
  • 減価償却

    ********************

貸借対照表(B/S)

  • 総資産

    ********************
  • 有利子負債

    ********************
  • 純資産

    ********************
  • 現預金

    ********************

財務情報補足

********************
メッセージを
送る
案件ID : 21678