メニュー

M&A案件詳細

PROJECTS

有機栽培の農産物生産の事業承継・M&A案件

募集終了
最終更新日 : 2019-01-09    公開日 : 2019-01-09
案件情報
交渉メッセージ

M&A案件概要

  • 業種
  • 農業・水産・畜産

  • 所在地
  • 群馬県
  • 従業員数
  • 5人未満

財務情報(選択してください年度)

  • 売上高
  • 1000万円未満
  • 営業利益
  • 非公開
  • 総資産
  • 選択してください
  • 純資産
  • 選択してください
  • 有利子負債
  • 選択してください

譲渡内容

  • 希望譲渡価格
  • 1000万円〜1億円未満
  • 売却希望期限
  • なし
  • 案件掲載者
  • オーナー直接
    ※売り主と直接交渉できる案件
  • 譲渡対象
  • 株式(全部または一部)
  • 譲渡理由
  • 会社・事業の成長のため
  • 譲渡理由(補足)
  • より良い経営へのシフトチェンジの為

ビジネスモデル

  • 製品/サービス内容
  • 有機栽培(農薬や化学肥料を使わない栽培方法)による農産物の生産を行い、直接販売を行っている。栽培面積は1ha+小規模ビニルハウス(主に野菜の苗の栽培用)+事務所及び出荷調整施設。

    全て長期の借地、借家であることから契約の継承が必要で、自社所有の不動産物件はなし。

    現状では葉物野菜(キャベツ、ほうれん草など)や根菜類(大根、人参、玉ねぎなど)、果菜類(トマト、ピーマンなど)を中心に年間を通じて露地野菜の生産を行い、農産物直売所及びインターネットによる販売を実施している。事業には加工施設は無い為、生鮮野菜としての販売に特化している。

    農場周辺の環境は、夏季は晴天が多く、多湿でやや高温。冬季は多少の降雪・積雪と強い北風がある。そのため真冬(12月〜2月)は限られた作物のみの栽培となる。

    所有する機械は軽トラック、小型管理機、枝類粉砕機、エンジン草刈機、チェーンソーが各1台。トラクターは必要な時に近隣農家より低価格で借り受けて利用している。

    年間を通じて夕刻及び早朝に収穫し、午前中に出荷準備を行い、完了次第、昼前を目処に出荷先への配達を行うサイクルを構築。

    主に経営者が農業作業他全般を行い、繁忙期に限り周辺住民に季節雇用として協力を貰っている。

    農場は中山間地域にあり、周辺の鳥獣害への対処および、近隣住民の高齢化に伴う地域管理(除草作業、倒木対処、見回り)なども主体的に実施する必要がある。
  • 事業の強み・差別化ポイント
  • 人里離れた環境での農業を行なっていることから、周辺の環境から受ける外的要因の被害は極めて低く、徹底管理された有機栽培に適している。このような環境や特性を理解し、気にいってくださり、お買い求めいただけるお客様も少なからずいらっしゃる。

    販売可能な農産物直売所は、自動車で20分圏内に10軒近くあり、交渉次第で出荷することは可能。また、群馬県は首都圏への交通網も整備されており、トラックで約2時間で東京都内およびその近郊での販売が可能。

    中山間地域での畑管理であるから、栽培作物により小さな畑を使い分けて栽培することが可能で、少量多品目生産には適した環境である。大きな機械の使い難い環境であり、大規模な農業投資を行わずに済む事がリスク低減面での特徴である。

    水資源は豊富で周辺用水路、河川、貯水タンクの活用などで年間を通じてほぼ困る事なく水利用が可能。くわえて必要に応じて井戸採掘も比較的容易に実施が可能。

    周辺の農家の平均年齢は高まる一方であり、参入・継承における競合は極めて少ない。

    都内から日帰りで行き来出来る立地であることから、将来的には地域観光との連携、アグリツーリズム、消費者との連携イベントなどの企画が可能。
  • ビジネスモデル
    その他
  • 農業法人への参画(継承)においては、地元農業委員会および農政各所への申請及び許諾が必要となるため、充分な時間と資金的余裕が必要となる。
案件ID : 140

その他のM&A・事業譲渡案件

  • 売上高
    500万円〜1000万円
    営業利益
    赤字
    譲渡価格
    1000万円〜2000万円
    所在地
    大阪府
    案件掲載者
    オーナー直接

    高級きのこの菌床栽培で、栽培所を貸倉庫内に建設しております。その栽培所全体や付随する設備等や、別途建設した事務所も譲渡予定です。菌床は購入し、温度と湿度を管理しながら栽培いたします。独自ブランドで高級きのことして展開しています。全国でも数ヶ所でしか生産・販売されておらず希少なキノコで、メディアでも取り上げられたことがあります。まだまだ成長可能性は大です。

    公開日:2020-08-06